お墓参りの時期と理由

  1. ホーム»
  2. お墓参りの時期と理由

お墓参りは、故人を偲ぶ日本人の心

墓石清掃の匠」は、愛知県・岐阜県・三重県で、墓石クリーニングおよび、お墓参り代行を承っています。常にお客様目線を心がけ、真心込めた丁寧なサービスをご提供します。こちらでは、お墓参りの時期と行う理由についてご紹介します。

お墓参りを行う意味

本来、お墓参りをする時期は決まっているわけではありません。しかし、私たち日本人は習慣として、お盆やお彼岸などにお墓参りを行います。なぜかというと、これらの日には、仏教的な特別な意味があるからです。

お盆 お盆の時期には故人の霊が現世に帰ってくると言われており、その霊魂を迎えるためにお供えや提灯などをお墓に捧げます。その際に、ご先祖様を偲び、感謝の念を届けます。お盆の時期は地域により異なりますが、多くは8月(地域によっては7月)の13日から4日間程度に行います。
<時期>8月(7月)13~16日
お彼岸

仏教では、生と死を分かつ境界の河の対岸を「彼岸」と呼びます。一方、私たちの住むこちら側の岸は、「此岸(しがん)」と呼ばれ、迷いや煩悩のあふれる世界とされています。お彼岸は、煩悩の渦巻く世界から悟りの世界に想いを馳せ、ご先祖様に感謝を捧げることで極楽浄土へたどり着けるよう祈る日です。

お彼岸は年に春と秋の2回あります。春は春分の日を中日とした前後3日の計7日間、秋は秋分の日を中日とした前後3日の計7日間を指します。

<時期(春)>春分の日の前後3日(計7日)<時期(秋)>秋分の日の前後3日(計7日)

これら宗教的な意味合いの強いお墓参りのほか、多くの地域で暮れ(年末)にもお墓参りが行われます。これは、一年の締めくくりにお参りや大掃除をして、ご先祖様へ感謝の気持を表す意味があるためです。

「お墓が遠方にある」「高齢で自由に外出できない」などのニーズに
プロによる専門的な墓石クリーニングは「墓石清掃の匠」へ